お着物の『染め』と『織り』の違いとは?

2016/03/26

お着物の基本知識として知っておきたい 『染め』と『織り』の違いは分かりますか?

今日はそんな、『染め』と『織り』の違いを とても簡単に説明させて頂きます。 「織りのきもの」と「染めのきもの」 先染めの着物・後染めの着物、とも言い、 きものを大きく分類する上でも一番重要で、 いちばん基本的な要素となっています。

染めと織りという着物の種類があり、染めの ほうがその格は上であるといわれています。 『染め』は後染めといわれていて、 白い生地の上に染料で染めた物のことを いいます。やわらかものともいわています。

小紋、色無地、訪問着、留袖、喪服など・・・ (その他、家紋が入れば格が上がります) 染めの着物は色柄もとっても鮮やかで、 当然の事なのですが、手間がかかります。 染めがいいか織りがいいかはそれぞれ違 うものですが、一般的には染めのほうが 評価が高いというふうにいわれています。

『織り』は、先染めと云われていて、 糸を染料で先に染めて縦横に織りなして 模様を作ります。基本的にはカジュアル着 として着られることがほとんどです。 米沢紬、越後紬、結城紬、大島紬など・・・ 織りの場合は、芸術的というより、柄として 図案のように見られてしまうことから、 評価が染めよりは低いといわれています。

すてきな着物を創作することは、永い年月 をかけて培われて、日本独自の世界に発展 しました。そのすべてを書き出すことは とても出来ませんが、一つ言えることは すべて 「美」への探求心が結実したものです!

お着物はとても素敵なのは皆様も分かると 思いますが、若い人には単純に、キッカケが 無いだけで、お着物はもっと楽しいのです!

ゆかたが好きなら、(楽しいハズと思います。) なぜならば・・・ 最近の浴衣などは、とっても凝っていますよね。 昔とは違って色も柄も以前を越えてきています。 つまり、みなさん、実はもう、お着物の楽しさに 近づいているのではないでしょうか?

きもの業界では「きもの離れ」といわれますが、 若い人には単純に、キッカケが無いだけです。 お洒落な人が最終的にたどり着くのが・・・ 『お着物』『キモノ』『Kimono』だそうです。