長襦袢、ながじゅばんのお手入れ

2016/02/05

絹は生き物です。間違った方法によるご自宅でのお手入れは、せっかくのおきものを台無しにしてしまう恐れもあります。給前呉服店としては、全てのお手入れはきもの専門店にお出しいただくのが無難と考えます。

長襦袢は着物よりお肌に密着する部分が多いので、シミや汚れが付きやすいものです。お手入れ方法としては生き洗いやまる洗い、汗抜きとなりますが、きものより薄い生地でつくられていますので、頻繁に洗いますと生地が痛んできます。シーズンの終わりに洗いに出されることをお勧めします。

●陰干しの他、汗ジミをチェック、長襦袢は表にでない分、シミをつけてしまうリスクは少ないのですが、 気をつけなければならないのが「汗ジミ」です。絹類にとっての大敵は湿気ですが、 汗も水分ですので、そのままにしておくと黄ばみなどが発生し、黄変化してしまうので、気をつけましょう。

●汗ジミは、通常の着物クリーニング(丸洗い)では落ちない。着物クリーニング(丸洗い)はドライクリーニングになりますので、 油性の汚れは落とせても、水分の汚れ・シミを落とすことはできません。従って、別途「汗抜き」という加工が必要になります。この汗抜きはご自身では難しいため、当店のような着物専門店へお願いされるのが懸命です。
 

お電話でご相談される方はこちらまで

着物お手入れに関するお悩み、 サービスに関するご質問なんでもご相談ください。 専門知識豊富なスタッフが、親切丁寧にお答えします。

201602051100_1.png