正絹、ポリエステルなどの素材別半衿お手入れ方法。

2016/02/05

半襟というのは、着物の下にチラリと見える襟のことです。長襦袢に縫付けられています。汚れやすく目立ちやすいので、脱いだときに確認するとよいですね。気になるようになってきたら洗いましょう。素材別にお手入れ方法をご紹介します。

●正絹素材、ぬるま湯に中性洗剤を入れてしばらく漬け置きした後、柔らかい毛先の歯ブラシ等に 中性洗剤をつけて軽くこすりましょう。正絹は、摩擦に弱いので、強くこすると繊維が毛羽立ってしまいますのでお気をつけ下さい。洗い終わったら、水でよくすすぎ、タオルに挟んで水気を取ります。その後、陰干しし、半乾きの状態で当て布をしてアイロンを掛けましょう。

●化繊素材、ポリエステルなどの化繊半衿は、洗濯機で洗うことが出来ます。但し、刺繍半衿の場合は、ほつれてしまう恐れがありますので、手洗いをおすすめします。手順は、正絹素材と同様に行って下さい。

※生地や刺繍糸が濃色の場合は、色落ちの可能性がありますのでご注意下さい。
 

お電話でご相談される方はこちらまで

着物お手入れに関するお悩み、 サービスに関するご質問なんでもご相談ください。 専門知識豊富なスタッフが、親切丁寧にお答えします。

201602051100_1.png