半襟・半衿のお手入れ方法。

2016/02/05

半襟はオシャレアイテムとしても知られていますが、本来は着物(襦袢)に化粧品などの汚れが付かないように保護するための物です。だからこそ半襟は付ける時点で着物から外す時の事を考えており、着脱可能になっているのです。

お酒やワイン、食べこぼし、ファンデーションや口紅などでのシミや汚れは、ご自分では綺麗に落とせない場合があります、その場合は給前呉服店に任せるのが安心です。

軽い汚れであれば、柔らかい布で軽くこするだけで効果があります。目立たない程度の汚れはベンジンを使用することで落とすこともできます。刺繍半衿のお洗濯は、手洗いで優しく洗いましょう。

●肌につく部分は特に汚れがはっきり分かると思います。その部分はブラシ等で汚れを落とします。ブラシをかける時は刺繍糸の向きに注意しましょう。刺繍糸の向きにそってブラシをかけるようにすると良いですね。または指先でつまむようにしながら汚れを落とします。

●時間をおいてしまうと、汚れが落ちにくくなってしまいます。出来るだけ早めにお洗濯をしましょう。

●色刺繍糸の場合、色落ちの心配がありますね。あて布のご使用をおすすめします。金糸・銀糸を使用している刺繍半衿はアイロンの熱によって変色してしまう恐れがあります。

●アイロンを持つ手と反対の手で、半衿を少し引き気味に持つとかけやすいです。シワ・たるみ無く、張った状態でアイロンをかけます。刺繍糸部分がつれますので、その部分をつらせないような感じで。持つ部分はクルクル~っと巻いておくと持ちやすいです!

●乾いてからアイロンをかけても綺麗な仕上がりにはなりません。刺繍糸が濡れているうちに伸ばしながらかけるのがポイントです。
 

お電話でご相談される方はこちらまで

着物お手入れに関するお悩み、 サービスに関するご質問なんでもご相談ください。 専門知識豊富なスタッフが、親切丁寧にお答えします。

201602051100_1.png