和服履き物、素材別のお手入れ方法。

2016/02/05

きものと同様、草履も履いた後には、風通しのよい場所で陰干しが必要です。外出に少しだけはいただけならそのままか、柔らかい布でほこりを払う程度でかまいませんが、雨にあたった場合は、乾いた布で水気をしっかりふき取っておきます。また素材別にお手入れの方法が違いますので、それぞれのポイントを上げてみます。

●エナメル(皮革)エナメル専用のクリーナーをやわらかい布でのばして拭きましょう。さらに、乾いてからよく磨いてください。

●合成皮革かたく絞った布で拭き、その後乾いた布で水気をよく取ります。

●裂地(佐賀綿などの布製)毛の柔らかい小さなブラシでホコリや汚れを落とします。卓上の小さい掃除機を使うと便利ですよ。

●爬虫類(ワニ革など)乾いたやわらかい布でよく拭いて汚れを落とします。クリーナーを使うとツヤが無くなるので注意しましょう。

●パナマ、麻など 表目に沿ってブラシでホコリをはらいます。綿に酢やオキシフルを少しだけつけ手早く拭き、乾いた布で湿気を取ります。クリーナーを使う場合には注意が必要です。中には、時間が経つと若干変色するものもあるからです。よく説明書を読んだ上で、使った後は充分拭き取っておきましょう。

保管するときには、新聞紙などの印刷物やビニール袋で包まないようにしましょう。時間が経つと色がうつったり、くっついてしまう可能性があります。保管場所に乾燥剤を入れておくのは良いアイデアですが、防虫剤は化学変化を起こすことがあるので、使用しないほうが、無難です。
 

お電話でご相談される方はこちらまで

着物お手入れに関するお悩み、 サービスに関するご質問なんでもご相談ください。 専門知識豊富なスタッフが、親切丁寧にお答えします。

201602051100_1.png