帯の保存方法とお手入れ方法の要点をまとめました。

2016/02/05

着物と同様に帯は、柔らかい木綿の布か木綿の化粧用パフ、あるいは毛足の柔らかいブラシで、そっとぬぐうようにホコリをはらいます。 大きなシワがついていれば、アイロンを当ててもいいですが、きちんとたたんでしまえば、徐々にシワはとれていきます。(素材によりとれにくいものもあります。)

アイロンを当てるときは、あて布をしてからにしてください。 胴の前にあたる部分に汚れがついていないかを確認します。 それぞれの帯の種類に合ったたたみかたをして、収納します。 帯も永年経過するに従って、うっすらと汚れがついてくることがあります。

きれいにしたいとお考えならぜひ、給前呉服店にご相談ください。

●帯はお締めにならなくても、春と秋の二回湿気の少ない天気の良い日に陰干しをして下さい。

●ご着用後は、体温や湿気を発散させる為に、数時間陰干しをして下さい。

●帯をおしまいになる場合は、湿気の多い所や風通しの悪い場所はお避け下さい。汗・湿りは変色やカビの原因になる事があります。カビが生えるとシミ抜きをしても落ちない場合があります。

●おしまいになる場合は、ビニール袋の使用や、におい袋を直接帯の上に置いたり、帯に香水をかけたりすることはおやめ下さい。変色の原因になる場合が あります。

●防虫剤は帯に直接触れないようにして下さい。二種類以上の防虫剤を同時に使用されますと、変色・シミ等の原因になりますので、ご注意下さい。

●汚れやシミ等が付着した場合は、早めにお買い求めの店舗又は専門の洗張りシミ抜き店にご相談下さい。ご家庭での洗濯はできません。

●金銀糸箔使用の帯の場合は、金銀糸箔のある部分には薄紙をあてておしまい下さい。又、硫黄分を含んだもの(輪ゴム等)に触れると金銀糸箔が変色することが ありますので、ご注意下さい。高熱アイロン及び蒸気アイロンは金銀糸箔を痛め ますので、使用しないで下さい。
 

お電話でご相談される方はこちらまで

着物お手入れに関するお悩み、 サービスに関するご質問なんでもご相談ください。 専門知識豊富なスタッフが、親切丁寧にお答えします。

201602051100_1.png