着物のシミや汚れのお手入れは早め早めが肝心。

2016/02/05

着物は高価なものだから、1日でも長く使用していただきたいです。着物のクオリティーを長くキープするためにも、大切なのはしっかりと着用後に汚れのチェックをし、必要な処置を早めにすることです。

一日程度着用した場合は、もちろん個人差もありますが、袖口や裾回りなどは結構汚れるものです。また、気にしていただきたいのが、汗の汚れや衿のファンデーション等です。

付いたばかりのときは落としやすい汚れも日に日に落ちにくいものへと確実に変わっていきます。また、付いたばかりのときには見えない汚れも日に日に浮き上がり変化していきます。

ですので、ご自分では見つけられないと不安の方は、ぜひお気軽に当店のお見積もり、ご相談ください。プロの目で最善の処置をご提案させていただきます。
 

お電話でご相談される方はこちらまで

着物お手入れに関するお悩み、 サービスに関するご質問なんでもご相談ください。 専門知識豊富なスタッフが、親切丁寧にお答えします。

201602051100_1.png